【生涯現役の身体作り】 関節痛には油の塗布

 

肌が乾燥すると、その関節や細胞の動きを悪くする可能性があります。

実はその膝痛! 膝の皮膚が乾燥している可能性が高いです。

勿論、膝痛の場合、太ももの前の筋肉が固い、姿勢が崩れていたり、重すぎる体重など、こうい乾燥に関係なく膝は痛くなりますが、関節へ油塗布は行って損はないです。

 

私は週一回ランニングをしていますが、油塗布の対策をしないと、膝下の動きが悪くなりやすいです。

特に、これからマラソンシーズンですので、後半まで関節の動きをしっかりと保ちたい方、ぜひ油の塗布をお勧めします。

 

では、どんな油を塗ったらいいのか?

純粋な油であり、安価に手に入るヴァセリンをお勧めしています。

東洋医学の先生曰く、油と水が混ざった保湿クリームや油がありますが、水を含んでいる分効果は半減してしまうそうです。

また、今回は関節痛をテーマに、油の塗布の重要性を書きましたが、例えば鼻水が止まらない時は鼻や鼻の下にヴァセリンを塗ったり、喉が痛い時は首に塗ったりなど、いろいろな使い方ができます。

肌が乾燥するだけで、痛みや体調不良にもつながるので、ぜひ油を塗布してコンディショニング管理に努めてみてください。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です