2020年2月 「厚底シューズについて解説」

寒い日が続きますが、皆様外を出歩かれていますか?
正月の箱根駅伝から始まりオリンピックに向けて、話題となっているマラソン厚底シューズについての解説をしていきます!スティックサイズジムでもマラソン選手に限らず、日常的にウォーキングなどの運動をされる方、リハビリ中の方、誰にでも関わるシューズのアドバイスをさせて頂いています。

下記の図は、左が薄底シューズを履いた時、右は厚底シューズを履いた時の骨軸です。
厚底シューズのメリットとしては、普通の靴より踵が高いため、図でも身体軸が前傾していることが分かるように、重心軸が自然と前に傾くことで推進力が生まれ、走行率(ランニングエコノミー)が良くなり記録UPに繋がる点があげられます。
しかしその代償として、身体への負担が局所的に大きくなるデメリットもあります。前傾する分、赤丸の部分(腰、背中、足首、腹筋)がかたくなる為、筋膜ほぐしなどのケアを十分に行う必要があります。
ハイヒールを履いた後の身体への負荷と同じような代償です。

日常生活で出るゆがみを、ストレッチや筋膜ほぐしなどの細やかなケアで日々整えることをおススメします。
紙面の関係上、詳しくはスティックサイズのブログにてご紹介させて頂きます。
ヒールを履かれる方、ランナーの方は是非、腰痛予防の豆知識としてお役立てください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です