2020年8月 クラウドファンディング

2月上旬、「コロナウイルス、これは大変な事態になる」と試行錯誤の対策の日々が始まりました。
シニア向けのジムを運営するこじマッチョは、ジムの存続と安全な運営を模索すると同時に、危険視されている高齢者の健康管理について何ができるかを考えました。
いつも「こじマッチョの健康手帳」を楽しみにして下さっている地域の皆様の健康を守るべく、無料健康セミナー開催の企画をしたものの、事態悪化でセミナーは白紙になってしまった3月でした。
緊急事態宣言下、今何ができるのかを考え続ける中、「メディアの情報だと沢山ありすぎて混乱する」そんなお声をヒントに、シニアでも分かりやすく、もっと身近な地域のドクターの声を届けられないだろうかと動きだしたのが「コロナウイルス・バスターズ」です。
4月、「巣鴨のシニアをコロナウイルスから守る」というコンセプトの元、シニア向けの予防対策の文章寄稿を巣鴨の病院に1件1件お願いし、奔走した結果、本冊子でも5月号よりお届けできることとなりました。
7月には、この活動の推薦者、豊島区の高野之夫区長とお会いし今後の対策についてもお話しさせて頂き、次なるステップは『シニア向けコロナ対策』を保存版冊子として無料配布、セミナーの開催を検討中です!
現在はボランティア活動の為、クラウドファンディングによる支援募金を行うことにしました。

事態が落ち着く頃、ここ巣鴨が健康をリードする街「シニア健康の聖地」として、再び活気が戻ってくるよう応援頂けますと幸いです。
※ネット支援が難しい場合、事務局への現金書留も受け付けております。
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-5-4 HM本駒込ビル1F 
コロナウイルス・バスターズ事務局宛て

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です